小面とバラ このホームペイジは、移転しました。

5秒後に、下記のページへ移動します。

移動しない場合は ここをクリックして下さい。







庵の彩り 鳶(とび)


  

世阿弥のことばに 『花を知る』 という言葉があります。

花というものはどんな草木にも咲いているものではなく、四季の中で
それぞれ咲くべき季節に咲き、人々はその花を珍しく感じるからこそ
賞翫(しょうがん)するのだそうです。

寄り道して、四季の花と庵に集うものたちに心を奪われてみませんか。



四季の庭

庵の香り

庵の集い
季節のカット

 
【 更 新 履 歴 】
リ ン ク の 頁

ご意見・ご感想
 ( 掲 示 板 )
雅勒 への メール


Copyright (C) Kaiho Garoku