HOME | 私のやりたいこと | 今、考えていること | プロフィール | 奮闘記 | バックナンバー | リンク集
イラストはせがわ修平 奮闘記
■ 2005年10月 主な活動
1日 知人告別式
2日 修峰会幹事会
3日 街頭県政報告
民主党県連三役会議、常任幹事会
原子力機構設立記念式典
4日 街頭県政報告
本会議(代表質問)
5日 街頭県政報告
本会議(代表質問)
6日 街頭県政報告
議案調査
7日 街頭県政報告
本会議(一般質問)
8日 世界地方都市十字路会議
椎名敦史 日立市議会議員 市政報告会
9日 田尻地区3世代市民体育祭
10日 9人制バレーボール社会人全国大会
11日 街頭県政報告
本会議(一般質問)
12日 街頭県政報告
本会議(一般質問)
13日 街頭県政報告
保健福祉委員会
14日 街頭県政報告
16日 日立市ふれあい運動会
日立港 秋の祭り
17日 街頭県政報告
本会議
18日 街頭県政報告
予算決算特別委員会
19日 街頭県政報告
予算決算特別委員会
20日 街頭県政報告
21日 街頭県政報告
常陸那珂港湾労組協議会
22日 NTT労組 退職者の会総会
23日 日高地区3世代スポレク大会
24日 第3回定例県議会閉会(本会議)【詳細記事
民主党県連三役会議、常任幹事会
25日 連合茨城街宣
26日 知事 政策懇談会
27日 日立労組 日立支部 地域対策局会議
28日 連合茨城定期大会
29日 ボーイスカウト 日立8団育成会総会
30日 田尻地区自主防災訓練
日高地区文化祭
31日 予算決算特別委員会
青木俊一 日立市議会議員 後援会総会
第3回定例県議会閉会(本会議)
 知事選のため、いつもの年より3週間ほど遅れて開会した第3回定例県議会が10月24日閉会した。
 私は本会議での議論の場はなく、保健福祉委員会のみでの質問戦となったが、々業用水料金の値下げへの取組み∨粍饐觧堽病院の医師不足対策 8立病院の経営改革の3点に絞って保健福祉部と企業局の対応を質した。
 特に北茨城市立病院の医師不足対策については、常勤医師25名のうち12名が年度内に退職し北茨城市立病院では13名体制になってしまう事から北茨城市民にとって、さらには2次救急医療圏の日立医療圏にとって大きな支障が出るだろうと予想されている。
 私は、今定例県議会で議論されている南北格差の典型が医師不足ではないか。地元では懸命な努力が続けられているが、県としても地域医療、ひいては県民の生命を守るために支援すべきではないかと保健福祉部の対応を質した。
 鈴木保健福祉部長からは「医師確保について自治医大卒業者の派遣や筑波大学への要望などを行っている」「平成18年度が大変厳しくなると思われるので今後とも全力を挙げて医師確保に努めていきたい」と県として厳しい状況ながら全面的に支援をする旨の答弁があった。
[ TOP ]