最新情報 ご予約情報 さくら丸係留場所 茨城の海況 釣りアラカルト
つりのし掛け し掛けを作るのもベテランへの一里塚・・・より良いし掛けを!
ハナダイ 幹糸3号、ハリス(フロロカーボン)2号。ハリはハナダイ用11〜12号 メバル用9号でもOK(メバル用がBETTER) ハリス長さは30Cm程度。
幹糸とハリスのジョイントはクロスビーズを使用すると絡みが少ないですが、直結の方が大きな魚のかかる割合が高いです。 クロスビーズにこだわる時はハリスも気持ち長くすれば良いでしょう。
ハリ数は5本〜6本でハリ間隔は80Cm、一番下のハリは錘から10Cmのところに結んでください。
竿は6〜7フィートのライトタックルが面白いです。私の船は50号錘ですのでバスロッドでも対応できます。

ポイント・・ハリス(フロロカーボン)・・腰が強く幹糸から餌までの間隔が遠く出来る。 
ライトタックル・・・常に手持ちでも疲れない。
中深場の仕掛け 120〜150mでのメバルを対象にした仕掛けは、幹糸4〜5号・・針糸3号
(フロロカー ボン)30〜35Cm 枝間隔 60〜70Cm…6〜8本針。

幹糸と針糸の結合・・米粒のような透明のプラステック(NF・・Beads)で接続し、目立たないように。三叉サルカン等は、目立つため活性の低い時は掛かりが良くないようです。シンプルにそして、針糸が絡まない様に作って下さい。オモリ・・・・・100号

竿・・・50号以下負荷(柔らかい竿が有利です・・・メバルのくい込みに大きな差がでます。)
又、柔らかく竿を上下させ誘いを掛けると効果があります。但し、錘で底をこずくと、メバルは散ってしまい逆効果です。

釣り針・・・13〜14号(丸セイゴ、イセアマ、ネムリ)・・・小さい針のほうが釣果が良い様です。 針が大きいとその重みで、餌が水中で垂れ下がるため、餌が幹糸に近くなります。 釣り糸は横より縦の糸が目立つ。(光の進入角度の関係・・・廣済堂出版船釣り必釣作戦から)従って、針糸に腰の強いフロロカーボンを使い餌を幹糸から遠ざけ、幹糸は強度のある細いラインを選ぶことが大切に思います。

エサのつけ方・・・イワシ、コウナゴ、などは目より前・下あごから頭にチョンガケ切り身エサも同様、出来るだけ端にチョンガケ・・・針糸のカラミを防止

100以上の水深だからハリスは太くても大丈夫だろう・・・?と思いますがメバルは元来、夜行性の魚・・・
(目張)ともいわれ目はすこぶる良い様です。

ハリス・・・1号の張力・・・1キロ強(結び方に依って変化あり)・・・目安として作成してください。
EX・・・3号・・・3キロの魚。但し、一匹の場合で、リールのドラグはハリスが切れない様に調整した時。

深場で一荷以上の時は魚同士が引き合うため、1キロのメバルを釣るときは2.5号以上のハリスを使用せざるをえません。

参考・・・私達の職業漁の樽流しの場合・・40m海域で幹糸8〜6号、ハリス5号と太いです。魚から見るとラインが死角に入る様にするため問題ありません。但し、沖釣りではオマツリするため出来ません。
浅場のし掛け 一般的な『根魚』カサゴ、メバル、アイナメ等を狙う場合はタックルも軽量の物が効果が良いです。
竿6〜7フィート、錘負荷10〜20、ライン20ポンド
以下、リールはドラグがスムースで軽い。 こんなタックルを使用することで常に『手持ち』でも疲れなく”ボトム、当たり”を明確にキャッチできます。

ハリは購入後”ハリ先を爪に立てて”見て下さい。滑るようならグラインドするか、砥石で研磨し”爪の上でも滑らない様”な ハリ を使用して下さい。ハリ掛かりが格段違う筈です。

クロメバルは浅いところ(10m)で釣れますが、ハリス、幹糸共に2号程度 もしくは、それ以下が面白いです。 ハリ はメバル専用の細くて軽いもの。幹糸からハリが離れる様に30Cm程度の長さが良いです。 
ハリス間隔は70Cmを目安。(ハリスは腰の強いフロロカーボン)ハリスと幹糸は直結 (回転ビーズ不要)
魚にライン等が見えない様に・・・浅場は特に大切だと思います。

マゾイ の場合はハリスも4号程度になります。3キロのも掛かり根に潜られ無い様ある程度の強度が欲しいです。ハリ(伊勢尼15号)、幹糸5号でハリ間隔1m、ハリス長35Cm、幹糸との連結は回転ビーズ、
4本バリでOK。

魚影が濃い場合、サビキ釣り等の時は別ですが”食い渋り””魚影が薄い”場合などにチャンスを逃さない工夫が『竿頭』への近道。 大物に逃げられた経験は誰しもお持ちの筈です。”大物は学習機能が勝り生き延びています”ので、これらの魚達も常にターゲットにしたいものです。

ムラソイの場合は別途。
漁師料理 

フグの旬
”旬を食べる”・・・秋といえば代表的なものにサンマ、そして、戻りガツオ、メジ(クロマグロ)・・・こんな魚をたべたいから、それを釣りに行こう。私もそんなロマンを求めた釣り行きをしました(サンマは無理)。
新鮮な食材は シンプル イズ ベスト 刺身、焼く、煮るで美味。と思ってました。しかし、ちょっと手を加えれば更に、美味しさを増すようです。

産卵期のフグ(ショウサイフグ) 一般的には ”刺身”  ですが 釣りをなさる皆さんは こんなレシピが合いそうです。 

 写真下段・・フグの南蛮漬け

 カラ揚げ後・・調味料・・酢、砂糖、醤油、南蛮、を鍋に入れて温める(砂糖が溶けるまで)。 味は各自の好みでその後冷やす(常温でOK)。 カラ揚げしたフグを漬け込み冷蔵庫で保管。


フグの白子天ぷら
粉をまぶし 天ぷらにして ポン酢で食べてみました。 イトヲカシ


潮汁(うしおじる) ポケット図鑑『海の釣魚』成美堂出版を参考

@・・・メバル、イナダ、ソーダガツオ等コケラ、内臓をとりブツ切りし強塩でまぶし30分

A・・・その素材を沸騰した湯にいれ1分ほど洗う様に火をとおす。

B・・・素材をザルにあげヌルなどをきれいに洗う。

C・・・素材、水をナベにいれ弱火で炊く。(図鑑ではコンブをいれ10分でコンブをとる)

D・・・絶対沸騰させない(90度)でアクを取り40分炊く。(図鑑30分)

E・・・塩、酒で味付け、最後にしょう油をたらす。 好みでミョウガ等のアクセントを。

 過日、ソーダガツオとイナダを入れて作ったところクセのない上品な味になりました。しかし、魚によってはスープがさめると味が落ちることも有りますのでさめないうち召し上がることが肝要です。
干もの(保存含む) @・・・イナダは3枚おろし皮付きで切り身、メバルはコケラ,エラと同時に内臓もとる。メバルの背から腹にかけ斜めに切れ目をいれる。(塩で締まるように)

A・・・15パーセント程度の塩水を作り、これらの素材を入れ3時間冷蔵庫で保管。

B・・・3時間後素材をザルに上げ水きり。 水きりも冷蔵庫。(冬季は天日干し)。

C・・・1キレずつラップに包み冷凍庫で保管。長期保存はマイナス30度以下

塩焼きの魚は,単に塩をまぶすより、塩水につけることで全体的に身が締まり美味しさが違ってきます。 アジ、キス等の小さい魚の開き場合は10パーセント1時間(図鑑)。  

目安・・・水10カップ、塩1.5カップ(15%)

注)『たかが塩 されど塩』 美味しい干物を作るのに大切な物のひとつに『塩』があります。ミネラルの多い”天然塩”が最適のようです。私も、色んな塩を試しましたが 『海水塩』 の天然塩は、たとえ塩の分量が多くても素材の旨みを逃がさず、失敗も無く面白い塩です。健康管理上からも天然塩は見直されているので無論、私も愛用しています。

500gパック  品名 ”沖縄の海水塩” 希望者はオーダー可能。
発売元 シママース本舗  株式会社 青い海 
〒901-0305 沖縄県糸満市西崎4-5-4 TEL 098−992−1140
メバルの味噌つけ (カンパチその他の魚にもあいます)
@・・・メバルのコケラ、ハラワタをとりメバルの背から腹にかけ包丁で切れ目をつける。

A・・・味噌、醤油、みりん、酒、お砂糖、トウガラシをボールで混ぜ、お好みの味をつくる。

B・・・その味噌ダレの中にメバルをいれ漬けこむ(メバルに満遍なく付着する程度)。冷蔵庫で保管。

C・・・付着した味噌ダレをとり焼き魚にする。翌日の夕食時には召し上がれます。尚、味噌ダレが付着しているとこげるもとです。
イカ飯 @・・・イカのハラワタをとり綺麗に洗う。

A・・・餅米を洗いイカの胴体に1/3程度入れ、爪楊枝でお米が出ないように止める。尚、お好みでイカのゲソも刻んで入れる。

B・・・鍋に醤油、みりん、酒をいれて煮る。(イカがかくれる程度のスープの量)。

C・・・イカを爪楊枝で刺して貫通すれば煮上り。
お茶づけ (お刺身があまった時・・鮮度の良い釣り漁ですよ)

@・・・刺身をアジのタタキより小さく切る。

A・・・とうがらしの微塵切りとお味噌を(少々)・・・たたいた刺身に混ぜる。

B・・・好みで醤油を混ぜる。

C・・・お茶碗に7分目のご飯を盛り・・・その上に混ぜ合わせた魚を敷き詰める。

D・・・沸騰したお湯をお茶碗いっぱい注ぐ。できあがり!
日立港(久慈漁港) さくら丸〒319-1224 日立市南高野町1-2-1 0294-52-0202 090-3692-8408
Copyrights(C) sakuramaru. All Rights Reserved