釣り船 茨城県 日立港(久慈漁港)さくら丸
ご予約情報 さくら丸係留場所 最新情報 茨城の海況 釣りアラカルト

           
期 日 釣 果 状 況        写          真
26日 マダイテンヤ。 釣果・・マダイ、イナダ。 マダイは(4〜3枚)で穏やかな日和に恵まれ、2.5キロを含めなんとか楽しめました。

写真・・飯田さん・・2.5キロのマダイそして、1.5キロもゲット。

今日は水深は60〜70m。 潮の流れも早く、当たりを取るのが大変だったようです。 昨日までは45m水深でも大きなマダイがヒットしていたようです。 

当たりは有るようなので ”仕掛け” 等工夫すれば釣果も伸びるかナ。

 
1月19日 沖メバル五目。 釣果・・沖メバル(5〜3匹)、大アジ、ホウボウ、ヒラメ。 年明け最初の釣行きでしたが、あいにくの時化でしたが沖合いも含めメバルのポイントを探りました。 サイズは申し分ないが数が出ません。 今期はかってない不振。

写真・・野仲さん・・大きなホウボウ、アジそして、大きなメバルでした。

沖メバル五目でこれから予定してましたが、未だ安定してないので マダイ を攻めた方が無難です。 但し、沖合いの為 ”凪” が条件でしょう。 テンヤは10号以上。
25日 ヒラメ。 釣果・・ヒラメ(2〜0枚)、イナダ、アイナメ、マダイ1`。
上記のような環境でベイトの割にはヒラメの活性は落ちていました。 水温も15度台有るので、青物(サワラ)も回遊しておりラインブレイクも出ています。

写真・・飛田さん・・3.5キロのヒラメそして、更に一枚で計5.5キロ。

帰路、磯場周りにはイワシの反応も出ているので凪れば面白い筈です。 尚、青物(サワラ、ワラサ、イナダ) も回遊しているのでジギングも必携の様です。
24日 ヒラメ。 釣果・・マトウダイ、イナダ。 北東風の強風17mで早戻り。
21日 ヒラメ。 釣果・・ヒラメ(2〜1枚)、マトウダイ、カサゴ、メバル。 イワシの反応もなくヒラメの活性は落ちていました。 サイズは1キロ程度でデジはお休み。 大きなサイズはブレイク???。
20日 ヒラメ。 釣果・・ヒラメ(2〜0枚)、大きいマゴチ(3匹)、メバル、ソイ、ジャンボアイナメ。 ベイトを広範囲にわたり探しましたが、一寸した群れのみで大きなヒラメは姿を見せなかった。 しかし、内湾にはイワシの大群。 外洋に移動すれば楽しめます。 

写真・・岡野さん・・2キロクラスのヒラメそして、1キロと2枚。 

ベイト如何で釣果に多寡が出て、今のところムラは有りますが内湾には4キロクラスが入っているので期待している次第。
18日 ヒラメ。 釣果・・ヒラメ(4〜0枚)、マゴチはでかい(2)、イナダ、ソイ、マトウダイ、マダコ。 昨日に比べイトのイワシの反応が全体的に小さくヒラメの釣果は多少落ちました。 しかし、大きなトリヤマが出てイナダが至る所で反応を出していました。 

写真・・竹内さん・・ヒラメ4キロそして、さらに3枚。

日立北部にはイワシの大きな群れが出ているので油断は禁物。
これらの南下が多く成れば ビッグへの挑戦は楽しみ。
マゴチ(
17日 ヒラメ。 釣果・・ヒラメ(4〜1枚)、イナダ多数。 今日はイワシのベイトが沢山出ていたので面白い釣が出来ました。 大きな範囲に跨り反応が出たのでイナダは沢山おりヒラメ釣りを邪魔していた始末。 

写真・・薄羽さん・・3.5キロのヒラメ。 

ヒラメのサイズは2〜3キロはアベレージサイズで中に大きなヒラメが混じっており、残念ながらラインブレイクが見られています。 
16日 ヒラメ。 釣果・・ヒラメ、マトウダイ、フグ、イナダ。 イワシの反応が殆どなく4名様ご乗船でヒラメ一枚と貧果。 14日の大時化で潮も濁り更に、ウネリも高く苦戦。 西風が吹き凪待ちの状況。 
12日 ヒラメ。 釣果・・ヒラメ、マゴチ、アイナメ。 磯場にいたイワシ及び、青物も移動していました。 ベイトの小さな反応でしたが、幸いヒラメが残っておりました。 3人ご乗船(4、2、0枚)

写真・・水落さん・・3.3キロ頭に4枚で、ヒラメ計10キロUPの重さそして、ジャンボアイナメ等。 

水温の低下と供に、イワシの群れが磯場に再度多く回遊してくるのでの大判はこれから。
11日 ヒラメ。 釣果・・ヒラメ(6〜0枚)、メバル、スズキ、クロソイ、マゴチそして、イナダ、ワラサは爆釣。 北西の風は強く多少釣りずらかったが、ベイトが磯場に付いていたので昨日同様ヒラメ釣りはルンルン。 ヒラメは2キロサイズそして、3枚程度がアベレージ。11人乗船、お一人だけヒラメは釣れなかったがイナダ樽一杯。 写真・・池垣さん・・3.5キロ頭に6枚無論、2キロUPそして、4キロクラスのシーバス。 全員でフォーカスすれば更に、迫力のある写真が楽しめたでしょうが、仲間内のチャーターなので竿頭のみアップ。

10日 ヒラメ。 釣果・・ヒラメ(6〜3枚)、イナダ。 待望のイワシの群れが磯場に入り始めました。 これからベイトを追って面白いヒラメ釣りが期待され、”常磐のビッグ” を是非狙って下さい。

写真・・鈴木さん・・2キロUP更に、同型含め6枚。クーラーが小さかった様で魚がはみ出していました。

尚、北西の強風 でしたが 浅場で陸に近く 北西風はなんら問題ありません。 

8日 ヒラメ。 釣果・・ヒラメ(2〜1枚)、ソイ、マトウダイ、メバル、アイナメ、イナダ。 ベイトのイワシは沿岸の磯場に入ってなく、大きなヒラメは一寸おわずけ。 水深10m程度の浅場にはイワシがいますが例年に比べ少ない状況。

写真・・木村さん・・2.5キロそして、1キロ程度含め2枚。

水深40m海域の沿岸は19度の暖水もあり、青物も回遊しておりナブラが出ればサワラ、ブリもターゲットになるネ。 
4日 ヒラメ。 釣果・・ヒラメ(0〜2)、マゴチ、イナダ、マトウダイ。 朝はイワシの反応が少し出ていたが、ベイトの絶対数が少なく小さなヒラメが餌を齧っていた状況で苦戦しました。  青物も昨日に比し反応も少なく解禁後最悪。

写真・・上遠野さん・・2キロUPのヒラメをゲットして頂きました。

(小さなベイトでもいる範囲を大きく流す釣りが余儀なくされ、現時点では 80号の錘で攻めるのが得策。”釣れるまで待とう・・家康の心境) 

でも、間もなくイワシの回遊が有る筈。 少々お待ちください。
3日 ヒラメ。 釣果・・ヒラメ、アイナメ、カサゴ、サワラ、イナダとワラサは多数。 イワシの回遊が待たれる状況でベイトの小さい群れの中での攻略。 青物は沢山いましたが ”大判ビラメ” は未だ。 写真・・飯田さん・・ヒラメ2キロUP含め2枚そして、ジャンボアイナメ等。 河西さん・・サワラ5キロジャストそして、ヒラメ、イナダ等。 日立北部迄イワシの南下情報有り、期待。
 ”
12月1日 ヒラメ。  釣果・・ヒラメ、マトウダイ、シーバス、ワラサ、イナダ、マゴチ。 ベイトのイワシの回遊が少なく ”地ビラメ” の小型が大半で、外道の方が大きい始末。 ヒラメはお一人さんが残念ながらボーズでした。 

写真・・菊池さん・・2キロUP含め2枚そして、3キロUPのワラサなど。

イワシの回遊が多く成れば ”大判ビラメ” が期待できますが、水温も高くイワシの回遊が遅れており青物が多い始末。
26日 オキメバル五目。 釣果・・オキメバル、ショウサイフグ、ハナダイ、マダイ。 メバルのポイントを広範囲に見たが時期尚早でダメ。 帰路。 ハナダイは手のひらサイズを含め ”入れ食い” マダイの大物に比し絵にもならず デジ は休み。
18日 テンヤマダイ。 釣果・・マダイ、ハナダイ(デコ1.2キロ含む)、ホウボウ、カナガシラ、ウマズラハギ、ジャンボアイナメ、そして、良型ショウサイフグが多数。 絶好の凪に恵まれマダイは1.6キロ〜1キロサイズが船中10枚程度更に、グローブサイズも多く、お一人7枚程度釣れた方も数人。 兎に角楽しめました。

写真・・平野さん・・1.6キロのマダイ等。 

大きなマダイは釣れなかったが、外道も大きくショウサイフグの大きいのが混じり 徐毒作業 も チカラ がいりました。
16日 テンヤマダイ。 釣果・・マダイ、ハナダイ、ワラサ、シイラ、ショウサイフグ、ヒラメ(2枚)、ウスメバル(15匹程度)。 ( )内は船中。 マダイは写真の様1.3キロ程度が最大で 6〜5枚釣った方何人かいましたが、全体的にはイマイチでした。 

写真・・会田さん・・ヒラメ&マダイでスナップ更に、良型ウスメバル等。  土浦から来た関谷さんは2キロUPのヒラメ。

ウスメバルの良型が磯場に付いていましたが、未だ時期尚早ですので、本格的に狙う場合はホームページでご案内します。
13日 ルアー青物。 釣果・・イナダ、マダイ。 ジギングの要望で3名様で出船しました。 上記魚各一匹。 ギブアップの釣行き。 お客さんそして、小生も稀にみる不漁で疲労困憊。
12日 ルアー青物&マダイテンヤ。 釣果・・ワラサ(2本)、マダイ、ハナダイ、ショウサイフグ。 発達した低気圧の余波で大きなウネリの中での釣り。 イワシの魚群の中をタイラバ、テンヤで狙いました。 ワラサ、キロ若のマダイが釣れたが、朝の内だけで釣果は伸びなかった。 

写真・・井坂さん・・ワラサそして、マダイはキロ若含め4枚。

大きなウネリでマダイの活性も悪く更に、釣りずらかった様です。
頑張って頂きましたが全体的に貧果。
6日 テンヤマダイ。 釣果・・マダイ、ハナダイ、ショウサイフグ。 青物の反応は無くテンヤ真鯛一本でやりました。 朝の内は活性も高く1キロ若混じりで釣れましたが、時間の経過と共に当たりも遠のきました。 結果はマダイはお一人4枚程度と外道。

写真・・茂木さん・・良型マダイでスナップ。

ショウサイフグの良型が数匹混じりました。 
11月5日 テンヤマダイ&ルアー青物。 釣果・・ヒラマサ、マダイ、マハタ、ソイ、カワハギ、ショウサイフグ、ホウボウ。 ルアーがメインの釣りでたが、ベイトの反応及び、トリヤマも全く無くポイント攻略。
ヒラマサが一本だけ。 マダイテンヤに切り替え1キロクラスも含めサイズの良いマダイがトップで3枚そして、外道。 

写真・・小林さん・・ヒラマサでフォーカス。
31日 テンヤマダイ。 調か・・マダイ、カサゴ、ヒガンフグ、ショウサイフグ、ヒラマサ(3キロ)、マダコ、アイナメ。 マダイのトップ4枚。 マダイはキロ若が最大で ”トリヤマ” は無くジギングタックルお休み。 辛抱の釣行きで小鯛放流 貧果に終る。
30日 テンヤマダイ。 釣果・・マダイ、ワラサ、イナダ、ヒラメ(2〜1キロ)、ショウサイフグ、カサゴ。 後半にはテンヤ、ジギングにもイナダが沢山釣れて ”キャッチ&リリース” 等楽しんでいました。
その中にワラサが混じっていました。

写真・・桧山さん・・1.5キロのマダイ。 今日はこれが最大。 

ブレイク&スッポ抜けは毎回出てますヨ。 ”ドラグの調整” ”フックの研磨” 等基本に帰し リベンジしてネ。
28日 テンヤマダイ。 釣果・・マダイ、イナダ。 魚の活性が悪く何処を探してもだめでした。 デジカメを依頼する状況ではなく ”旨い酒” に縁のない一日でした。 
26日 テンヤマダイ。 釣果・・ヒラメ(2枚)、カサゴ、ウマズラハギ、カナガシラ、ウスメバル、アイナメ、マゾイ、大型ショウサイフグ。
絶好の凪の恵まれのんびりした釣り行きでした。 外道も多彩でサイズも申し分なく今宵のレシピはルンルン。
写真・・城野さん・・マダイ1.5キロ。 渡辺さん・・6キロのヒラメ。 12月からヒラメは解禁。 常磐のビッグを狙って下さいね。 無論、受付中。

23日 テンヤマダイ。 釣果・・マダイ、イナダ、カナガシラ。 北東風の強風下頑張ってやりましたが、10時に帰港。 宇都宮の菊池さん・・3.4キロのマダイ。 他1きろUPも見られたが時化に勝てず断念。 デジのカード忘れ無記録。
22日 ルアー青物。 釣果・・ヒラマサ(4本)、サワラ(2本)、ヒラメ、マダイそして、イナダ、ワラサは ”爆釣” 。 トリヤマも出て面白い釣りができました。 (カッコ内は船中)。 クーラー満タンの方多く青物の時期を楽しめました。 写真・・左から・・飯田さん・・4キロのヒラマサ。 船橋さん・・5.6キロのサワラ。 田崎さん・・3.5キロのヒラメ&マダイ。 富田さん・・3キロのサワラ等など。 サワラが回遊しラインブレイクが多かった。 ヘッド部にワイヤーを付けてネ。
 
 
21日 テンヤマダイ。 釣果・・マダイ、カサゴ、シイラ、ウマズラカワハギ。 テンヤ初挑戦のお二人でしたが、お一人は船酔い。  北東強風の時化の海、マダイは4枚ゲット、外道も少なく貧果。 ご辛抱して頂き深謝。
19日 テンヤマダイ&ジギング。 釣果・・マダイ、ワラサ、イナダ、シイラ。 北東の強風下での釣行きでしたが、頑張って頂き何とか楽しめました。 

写真・・関谷さんの釣果・・マダイ、イナダ、シイラ。 尚、宮本さんはジギング・・ワラサ2、イナダ入れ食い等で堪能。

大物は今日もブレイクで残念。 ベイト及びナブラが有ればジギングは面白いです。 但し、テンヤとジギングは魚群の反応次第で分離して攻めるので問題ありません。
16日 テンヤマダイ&ジギング。 釣果・・マダイ、ホウボウ、メバル。 キロ若のマダイも釣れたが、大物マダイのブレイク3回等で釣果に結びつかなかった。 その後、沖合いのメバル、大サバ等を狙いました。 沖合いでは魚群の反応もなく、メバル等も2枚と苦戦を強いられました。 浅場で辛抱した方が得策でした。 絵に成る魚に恵まれずデジカメは休み。
15日 テンヤマダイ。 釣果・・マダイ、ヒラメ(2キロ)、メバル、ウマズラハギ、ホウボウ。  全体的にベイトの反応が薄くポイント攻略の釣行きとなりました。 

写真・・桐生さん、井坂さん・・3キロ、2キロでスナップ。 桐生さんは1キロアップも含め4枚、大きなウマズラ、ウスメバル。 井坂さんは5枚。

9日 テンヤマダイ。 釣果・・マダイ、イシモチ、イナダ、アジ。 マダイは全般的に不調でしたが、トップ、次頭も4枚釣れました。 浅場ではイワシの反応が多くイナダも沢山回遊していました。 写真・・左から平山さん・・2キロのマダイ。 山田さん・・1.2キロのマダイそして、大きなアジや大きいイシモチも2匹ゲット。 
 
7日 ルアー青物&マダイ。 釣果・・シイラ、イナダ、マダイ。 お客さんお二人での釣り行。 朝は沖合いの青物を狙ったがベイトの反応もなくシイラが5本(80〜60Cm)と中サバ。 後半は浅場に戻りマダイ4枚、イナダは沢山。

写真・・吉葉さん・・1.5キロのマダイ。 

沖のカツオは未だ日立以北。 一方 秋サバは小さな魚群で更に、中層の深い所で狙うには無理でした。  浅場のイナダは早朝には入れ食い状況だった様です。 沖合いから戻ってきてからもイナダは釣れました尚、大物もヒットしたが根ずれでブレイク。
2日 テンヤマダイ。 釣果・・マダイ、アイナメ、シイラ、ウマズラハギ、ショウサイフグ、カサゴ、ウスメバル。 マダイは大きいので1キロアップで全般的に貧果でした。 外道の大きいのは釣れたが、本命マダイは1キロアップ程度で映倫カット。 飯田さんはマダイ10枚そして、フグ、シイラ等。 青物は未だ日立以北なのでもう少しお待ちください。 
10月1日 テンヤマダイ&ルアー青物。 釣果・・ホウボウ、カサゴ、メバル、フグ。 テンヤマダイが思わしくないので沖合いを含めルアーで攻めました。  今日の沖合いは23度台で大きなサバも期待できそうな気配でしたが、一度だけ小さな群れで中型のみ。 ルアーは全くダメ。 マダイテンヤで辛抱した船の勝利でした。
28日 テンヤマダイ&ルアー青物。 マダイ、カンパチ、シイラ、メジ、ソイ、イナダ。 マダイは4〜2枚でサイズは大きいので1.4キロでした。 後半はジギングに切り替え カンパチ1.5キロ、メーターのシイラそして、メジ船中4、イナダ多数。 楽しめた釣り行になりました。 

写真・・河野さん、城野さん・・1.4キロ&1.1キロのマダイ。

沖合いは25度と水温が高いので沿岸で楽しめます。
24日 ルアー青物。 釣果・・カツオ、ワラサ、アイナメ、カンパチ、メジそして、大サバ多数。  浅場のヒラマサをターッゲトにやりましたが、ワラサ、カンパチくらいで苦戦。 後半沖合いに出てナブラ探しをしました。 幸い 鳥ナブラ を見つけ、”大型のサバの入れ食い” そして、メジ、カツオまで混じりました。


写真・・飯田さん・・カツオをゲットそして、大サバは30本程度。


”秋サバは嫁に食わすな” そんな美味しい大きなサバが沢山釣れました。 尚、職業漁のトローリングでは3〜4キロのカツオが釣れていますヨ。 
18日 テンヤマダイ。 釣果・・マダイ、ハナダイ、カンダイ、ショウサイフグ、イナダ、メジ、カンパチ、シイラ。 大雨の時化で釣りずらかった様です。 魚種は多彩でしたがマダイはイマイチ。 シイラはメーターオーバーも混じり沢山回遊していました。 全般的に反応が少なく苦戦。 マダイも1キロ若のためデジカメも休み。
4日 テンヤマダイ。 釣果・・マダイ、デコダイ、ヒラメ、カサゴ、イシナギ、ウスメバル、ショウサイフグ(大型)。 ワラサは大きく4キロクラスが殆どで中には5キロクラスもありました。 マダイは1キロクラスが大きな部類で大ダイはブレイクも含めゲット出来なかった。 ワラサはワンジグにダブルヒットする等で 水戸市の磯さん は8本。 クーラーは入りきれず同乗のお客さんにプレゼントしていました。

写真・・神林さんの釣果・・ヒラメ2キロ、イシナギ、タイ8匹、カサゴ、ワラサ等。

秋ダイ 本番!。 PEラインは太くても8号どまり、リーダーはグランドMAX2.5号、テンヤは船宿に確認。  ”楽しもう”
3日 テンヤマダイ。 釣果・・マダイ、ハナダイ、メバル、ソイ、カサゴ、ワラサ。 沖合いのカツオを探索したが、2匹目のドジョウは見当たらず テンヤ真鯛に集中しました。 ワラサの大きい物は小林さんの4キロクラスを含め船中6匹。 

写真・・飯田さんの釣果・・ワラサ、マダイ7匹。

残念ながら大きなマダイはゲット出来なかったが ”秋ダイ” シーズン本番 底を攻める易しい釣り方で楽しめます。
9月2日 ルアー青物。 釣果・・カツオ、ワラサ、メジ、カンパチ、イナダ。 お客さんお二人の釣行き。  浅場でワラサ等を狙いその後、沖合いの黒潮迄出したところ ”トリヤマ” に遭遇、カツオがいました。 カツオのアベレージサイズは3キロクラス、中には4キロクラスも混じりました。しかし、北東風の強風のため各々3匹ゲットしたところで沿岸に戻りました。 

写真・・平野さん、茅根さん・・カツオ、ワラサでフォーカス。

お2人で カツオ6、ワラサ4、メジ1、カンパチ1、イナダ1。 ワラサも4キロクラスも混じり クーラー は満タン
14日 テンヤマダイ。 釣果・・マダイ、ヒラメ、ショウサイフグ。 マダイは2枚でサイズも0.6程度とイマイチでした。  早めにマゴチに切り替えましたが、当たりは何度も出ましたがヒットに至らず貧果に終わった始末。 
11日 テンヤマダイ。 釣果・・マダイ(4〜2枚)、ワラサ、カサゴ、アイナメ、ウマズラハギ、ショウサイフグ。  マダイのサイズは良く写真の外 1.5キロを含め1キロクラスが11枚出ました。 又、ショウサイフグは大きい物ばかりでした。 全員1キロUpは確保して更に、外道などで楽しい釣行きでした。 

写真・・桐生さん・・2.4キロのマダイ。
7日 テンヤマダイ。 釣果・・マダイ(3〜3枚)、メバル、アイナメ、メバル、ショウサイフグ。 マダイが上向きになって来たようです。 小さなマダイも顔を出すように成ってきたので、何とか楽しめる時期に入ってきました。 

写真・・西さん・・2.5キロのマダイそして、ジャンボアイナメ含み3匹、オキメバル。


青物は イワシ のベイトも出るので条件が揃えば併せて狙いたいです。
4日 テンヤマダイ。 釣果・・カサゴ、アイナメ、ショウサイフグ。 表層水温は26度で昨日釣れたマゴチもだめ。 3人さんご乗船。 デジは出せない程の貧果。 時化によって好転することを期待している状況。
8月3日 テンヤマダイ&マゴチ。 釣果・・、メバル、カサゴ、ショウサイフグ、マゴチ。 テンヤ真鯛は釣果が思わしくないので、マゴチをやろう。 大きく移動して8時30分の頃からテンヤの仕掛けのまま狙いました。 サイズの良いのも多く混じり 全員ゲットして、トップ、次頭も5匹等楽しめました。

写真・・小林さん・・GOODサイズのマゴチ計5匹。


マゴチの仕掛けで専門的に狙えばもっと釣果が良かった様です。
29日 ルアー青物&テンヤ。 釣果・・ヒラメ(1キロ)、アイナメ、カサゴ、大サバ、マダイ。 ジギングがメインの釣。 沖合いでナブラを見つけ カツオの姿も確認したがヒットせず。 ルアーは苦戦。 少しの間テンヤをやり、アイナメ、カサゴ、マダイ0.6キロが釣れたが、 水温も24度台で食い渋り貧果でした。
24日 ルアー青物&マダイ。 釣果・・カツオ、ワラサ、マダイ、ショウサイフグ。 ナブラを追って青物をやったが、なかなかヒットせず苦戦しました。 ワラサ、根物等ジギングで広範囲をさぐりました。
その後、マダイテンヤでは小鯛そして、大きなショウサイフグが多少釣れました。 北東風の時化で当たりも取りずらく貧果。

写真・・緑川さん・・12時20分 帰港間近にヒットしたカツオ更に、3キロのワラサ。

当地区に ”カツオ” がいるので詳細は電話確認をお願いします。
23日 テンヤマダイ。 釣果・・ハナダイ、ヒラメ、アイナメ、ショウサイフグ。 ショウサイフグはサイズの良いのが釣れましたが全体的に貧果でした。 御免なさい。 帰路時に大きなナブラに遭遇し、ジギングをしたがヒットしなかった。 カツオが回遊する水色なので、ワラサを含めたジギングもやってみたい。 今日はデジやすみ。
16日 テンヤ真鯛&ルアー青物。 釣果・・ワラサ、マダイ(5〜2枚)、クロソイ、ショウサイフグ。 1キロアップのマダイが沢山釣れました。 ナブラも多く見られワラサは入れ食いでキャッチ&リリースで十二分にたのしめました。 写真・・小林さん・・1.8キロ、1.4キロ等。 磯さん・・1.3キロが2枚、1.2キロ等。 サイズの良いマダイも全員ゲットしています。

14日 テンヤマダイ。 釣果・・マダイ1キロアップ2枚含む。 反応も出ていて期待できましたが、船酔いでギブアップ。 波の静かなところでマゴチをやったが不発。 残念!!。
13日 テンヤマダイ。 釣果・・マダイ(4〜2枚)、ヒラメ、アイナメ、ショウサイフグ、イシモチ、カサゴ、クロソイ、マゴチ。 やっとマダイが釣れるようになりました。 ベイトは小さなイワシに変わり沢山反応を出しています。 大きなマダイは出なかったけど外道を含め何とか楽しめた状況。

写真・・関谷さん・・1キロアップのマダイ&2キロのクロソイでフォーカス。

これ以前の釣果
日立港(久慈漁港) さくら丸〒319-1224 日立市南高野町1-2-1 0294-52-0202 090-3692-8408
Copyrights(C) sakuramaru. All Rights Reserved