平成19年度の活動実績 
4 14 日(土)   お花見サロン  
    阿漕ガ浦公園一画にて
 春の花が暖かい日ざしのもと誇らしげに咲いています。阿漕ガ浦公園の山桜も満開で、
すてきなお花見サロンになりました。今年はサクラの開花が早かったので心配しましたが、
お天気に恵まれ多くの外国人の参加もあり大盛況でした。
 参加者みんなで芝生に座り、おにぎり、けんちん汁、おだんご等を食べたり、ゲストのか
っぽれ踊りを見物したり、一緒に踊ったり、と楽しいひとときを過ごしました。さらにビンゴゲ
ーム等も楽しみました。
 
             
5 12 日(土)   ドイツ・サロン  
    場所:姉妹都市交流会館

 東海村在住のシュナーゼさんご夫妻に、ドイツの地理、歴史、文化、行政、習慣、スポーツ
など多くの興味あるお話をして頂きました。ドイツの伝統的なお菓子をいただきながら楽しく
おしゃべりし、ドイツの文化に触れられた良い機会でした。 ご主人のアレクサンダーさんは
秋に行われた「日本語の主張」にも参加したことがあり、日本語にますます磨きをかけてい
ます。 シュナーゼさんご夫妻、ありがとうございました。

 
             
6 12 日(土)     スポーツ・サロン  
           東海村国際交流協会主催の「国際交流スポーツ・サロン」が多くの参加者を集めて開催さ
れました。
 外国人の参加者も多く、フランス、バングラデシュ、インドネシア、アメリカ合衆国、中国の
方々などと日本人の参加者が、仲良く、ニュー・スポーツの『ユニカール』(カーリングに似た
スポーツ)と卓球に汗を流しました。
 レクチャー形式のサロンも勉強になりますが、体を動かして交流を深めるサロンもとても楽
しい交流の機会になりました。
 一口メモ『ユニカール』
 ユニカールは仲間と協力をし相談をして、競争より協調を大切にするニューゲーム。チーム
の構成が家族三代でも仲良しクループでもよい。負けても勝っても楽しい。参加することに意
味のあるユニカールです。このゲームを作ったスウェーデン人のカール氏の話によると「世界
中で楽しめる、誰でも楽しめるゲームとして、カーリングをまねてつくり、universalの意味でユニ
カールと命名した」そうです。
 
             
7 14 日(土)     国際交流サロン  
           <自転車によるヨーロッパ15カ国見聞記>が開催されました。
 冒険一家、関口さんご家族4人(ご夫妻と中学校3年と高校2年の二人の息子さん)は2006年5
月から8月の間、ヨーロッパをフィンランドから出発し、15カ国を経由しながらポルトガルまで
11,000kmの自転車縦断に挑戦しました。。
 「きれいな空が見たいから」が第一の目的とか。各国でのユニークで興味深い異文化交流
の話しを聞き、美しい写真もたくさん見せていただいた。
 限られた中の短い時間しかなく、写真などの資料を全部を見る事が出来なかったのが残念
だという声がありました。
興味のある方はhttp://www.europe11000.com/top.htmlへどうぞ。
 
           
7 17 日(火)   着付けサロン  
             
7 24 日(土)     バングラデシュ料理教室  
          バングラデシュ料理 ニラミス(野菜カレー)、ムールギール・マンクシュ・カーリ(チキンカレー)、
ショブジ・オ・チングリ・バジ(えびと野菜の炒めもの)の3種類を教わりました。 旬の野菜をたっ
ぷり使った料理で、これからの暑い夏を乗り切るのにぜひ作ってみたいお料理でした。沢山の
スパイスを使うのには驚きでした。早速「我が家の一品に」と参加した人達はとても満足してい
ました。
 
           
8 4 日(土)     夏祭りサロン  
           夏の暑い日ざしの中、今年も東海まつりで「夏まつりTIAサロン」を開催しました。
 日頃「着付け教室」で腕を磨いた会員が、外国人の女性達に浴衣を着付けしてあげ、私たちは
ハッピを着て、東海おんどパレードの輪に加わりました。
 Q&Aでは問題が子供たちにとって身近なものだったためか、短い時間で100人程回答してくれま
した。テント内では、かき氷、すいかなど冷たいものを手になごやかに外国の方々との交流を楽し
みました。
 
             
8 9 日(木)     キッズサロン  
          第一回10:00〜12:00, 第二回14:00〜16:00
 今年もまた、茨城県国際交流員の方々にご協力をお願いしてキッズサロンを開催しました。参加者
は村内小学生1年生から4年生で、総勢109名の参加がありました。
 昨年に引き続いて来て頂いたジョナサン マイケルズさん(カルフォニア)の他、オレリアン・バロンさん
(フランス)、アンバー・チャンさん(オーストラリア)の3名を講師に迎えました。
それぞれの魅力あるお話と子供たちの好奇心が一体となりとても盛り上がったサロンになりました。
 
             
9 29 日(土)   TIA交流旅行  
           〜〜おやきづくりと鮎のつかみ取り体験(大子町)〜〜
 
             
10 6 日(土)     「普通救命講習会」  
          午後1時〜4時

 AED(自動体外式除細動器)が東海姉妹都市交流会館に設置されたのを契機に、東海村消防署と
東海村国際交流協会(TIA)の共催で、突然の心肺停止等の緊急時に対応できるようTIA会員(含
在村外国人)のための普通救命講習会を開催しました。

 講習内容は次の通りです。
  • 応急手当の必要性の説明
  • 心肺蘇生法―人工呼吸、胸骨圧迫の練習
  • 異物除去法及び止血法の練習
  • AEDの使用方法の説明及び練習
 3時間にわたる説明と実技で、緊急時に対応できる技術を習得することができ、最後に参加者全員
に"普通救命講習修了証"が手渡されました。

 事前のPR不足で外国人の参加者が予想していたより少なかったのが残念です。
 
             
11 3 日(土)     日本語による外国人のメッセージ  
             
11 17 日(土)     H19第8回役員研修  
           東海発午前7時32分のフレッシュひたち号に乗り、総勢?6名が横須賀市を目指し出発しました。

 平成9年任意団体として設立し、その後神奈川県知事から特定非営利活動法人(NPO)認証を
取得、平成15年「NPO法人横須賀国際交流協会」として国際化推進事業を継続して来られた横
須賀国際交流協会を今回の役員研修のため訪問させて頂きました。

 外国人へのボランティア活動、あるいは海外姉妹都市との市民レベルの国際交流や国際協力を
通じて、相互理解と友好親善の輪を広げている横須賀国際交流協会の活動方法の中に、これか
らの東海村の国際協力体制を成熟させたものにするために大いに参考になる点があると感じま
した。

 理事長さん、副理事長さん、事務局長さん3人の方々に迎えて頂き、それぞれの体験を通しての
お話はとても分かりやすく、大変有意義な時間が持てました。

 翌日、ジャパンフェスティバルを控え大変お忙しいところお邪魔させていただいた上、美味しい
ネパールコーヒー
*までご馳走になってしました。

 『皆さん、大変ありがとうございました。』


* 発展途上国の産品を労働に見合う価格で仕入れ生産者への支援にもつながるフェアトレード
(公正貿易)方式により取り扱っているコーヒーです。私たちも美味しいコーヒーを味わえホッとし
た気分にさせて貰いながら、それが国際貢献に寄与できるというように自然な活動に多く係わって
行きたいと考えます。
 
           
12 8 日(土)     2007ポットラックパーティ  
          午後2時〜4時

 恒例の『年末ポットラック・パーティ』は100名を越える参加がありにぎやかに開催することができ
ました。
 今回のゲストはBanjo DojiとClay & Friendsの2つのバンドでした。懐かしい馴染みの曲などの演
奏が多くあり、伝統的なアメリカのオールドタイム・ミュージック、ブルーグラスを楽しみ、最後には
ジングルベルの全員の歌声で楽しくパーティを締めくくることができました。
 
           
1 12 日(土)   TIA新年サロン  
          時間:午後1時〜3時
場所:東海村姉妹都市交流会館
  今年のお正月サロンでは、TIA会員でもある鈴木ふき子さん始めとする多くの方々より、薄茶の
お点前を教えて頂きました。参加者は一人ひとり薄茶を点て、子供たちは室内で折り紙に熱中し
ました。 その後、会館の外で男性達が杵と臼を使って搗いてくれたお餅を女性達がきな粉や餡
粉でまぶし、「お餅」を完成させてくれました。参加者全員で、お餅を楽しみました。
 
             
1 26 日(土)   2007年度国際交流フェア