2009.12.22 作成

貴方様は人目のお客様です。ご来館有難うございます。

第24回魁(さきがけ)美術会絵画展

2009年の第24回魁美術会絵画展はH21年12月15日から12月20日まで日立シビック・センターで開催された。



出品作は、各自3点目標で80号からF6号、更にA4サイズのイラスト、また色紙の水墨画も含めて計49点の盛境であった。

私はこの展覧会のために新作のF20号を含め4点の油絵をを出品した。。



赤い煙突の遊覧船(今年の日立市展出展作品)F50号

ニュージランドのクイーンズタウンの湖の印象を点描風に描いた。



静物、F8号

チャーチル会の例会で描いたものを今回ねじれたワイン瓶を付け加えた新規発表の作品である。



街の通り、F10号

パリの光景からイメイジした作品である。勿論新作品であるが、印象は昔のものである。



シルト・ホルンからの光景、F20号

これは30数年前の銀婚記念日当日のスイスアルプスの光景である。題材は古いが新作品である。手前右のシルト・ホルン(海抜3,900m)頂上の回転レストランから見た光景である。中央の尖ったのは有名なアイガー(3998m)、そこから右へ、メンヒ、ユングフラオ(4060m)である。シルト・ホルンに登るには空中ケーブルを4回乗り継いで高山病にかからないようになっていた。

開催日の午後に地元のケーブル・テレビJWAYが取材に見えた。



17日の午後5時の「ほっと・かわらばん」で約5分ほど放映紹介された。 !

全作品は下記サイトに載せてあります。個々の画像アイコンをクリックされると大きく表示されます。
スライド ボタンをクリックすれば スライド表示されます。しかし絵の大きさは小さくなります。

第24回魁(さきがけ)美術会絵画展

ホ−ムペ−ジに戻る