鍛冶工房スタジオ ツヴァイ >クラシックスタイル

 Entrance second floor fence
 Classical style クラシカルスタイル
 ヨーロッパの鍛冶仕事は、道具にとどまらず建築構造物と結びつき、
 室内外の装飾物として発達した経緯があります。
 それぞれの時代背景、建築様式に合わせて技法や意匠が発達しました。
 近現代に入り西洋文化、建築の影響を受け、
 日本でも多く見られるようになりました。


 厳密にいえば、様式によって区別されるものですが、
 ここでは大まかに唐草を含めた古典的な意匠、
 またそれらを踏襲しアレンジしたものなどを、
 クラシカルスタイルとし、いくつかの作例を紹介します。

 →ヨーロッパの鍛冶屋のお話

 Entrance second floor fence
 一般住宅 玄関室吹き抜け2階手摺 幅3m /2010制作
 洋館スタイルの建築。 施主様の希望に沿ってクラシカルな手摺デザインを提案した。
 唐草や接合部をはじめ、全体から細部に至るまでに鍛造成型した。白漆喰と手摺曲面が印象的に仕上がった。





 Screen


一般住宅 室内用スクリーン/コーヒーテーブル
2015制作

施主様はヨーロッパのアンティークの蒐集が趣味で、
室内にもその趣向が表れていた。
スクリーンのデザインはその趣向に合わせた。
鍛冶技法は唐草、バンド巻きを多用し、細部も造り込んだ。
表面処理は、蜜蝋仕上げとし、ナチュラルな鉄の風合いを活かした。
施主様は、所有の古い火鉢をリメイクして、コーヒーテーブルを希望していた。
日本的な火鉢を、この洋風空間に合わせるにあたり、オリエンタル趣味のアールヌーボー風でまとめた。 スクリーンとも合う、アップリサイクルができたと思う。


 写真:工房作業中。 スクリーン細部





 Signs
突き出し看板の作例
唐草を入れ、ヨーロッパの街角にありそうな雰囲気が出した。
文字ロゴ等は真鍮板切り文字。



Chicken sign
ダイニングバー看板/2014制作 h70cm   写真;作業途中 
鶏看板は図案持ち込みされたものを、鍛造意匠にアレンジ。

Chiropractic sign
カイロプラクティック看板/2015制作 h50cm
ダ・ヴィンチ人体図と唐草で西洋整体のイメージを出した

Accessory shop sign
アクセサリーショップ看板/2007制作 
スワロスキーのクリスタルを使用。



→表札(ネームプレート)のページへ
→動植物細工例 バラ制作一例のページへ 





 Rose gate
Rose gate
一般住宅 親子開き門扉幅1m/門柱/左右に柵
2014制作



施主様希望に沿ってバラの門扉制作を制作した。
バラは洋風鍛冶屋の伝統的モティーフともいえる。
アールヌーボーを今風に品良くまとめたかった。
カンヌキとオトシは真鍮、門柱は I ビーム鋼。
防錆亜鉛メッキ下地、ウレタン塗装仕上げ。

写真:塗装後工房内撮影





 Balcony fence



 Balcony fence
 店舗建屋 2階バルコニーフェンス 3m×2基 /2016制作
 洋風建築のバルコニーの落下防止柵。 外部なので、太めの部材を選び華奢にならないようバランスをとった。
 鍛冶技法により、唐草とバンド巻き、リベット留。 屋外なので防錆亜鉛メッキ下地、ウレタン塗装仕上げ。





 Stairway fence
Stairway fence
一般住宅 階段手摺
2016制作


唐草とひねり技法を用いた階段手摺制作。 蜜蝋仕上げ。
装飾的だが、あまり重い印象にならないようにデザインした。
鍛造により部材制作。
組み立てはできるだけ、リベットカシメ留めを用いた。(部分的に溶接も併用)
そうすることで、ディテールの仕上がりがきれいで、細部に説得力が出る。

 お気軽にお問い合わせください。
 E-mail: s.zwei@net1.jway.ne.jp                                 →このページのTOPへ

Home へ Profile へMagazine へTopic へLink へEnglish へサイトマップへ
 Copyrights (C) studio ZWEI. All Rights Reserved      このサイトに掲載されているすべてのテキストと画像の無断複製・流用を禁じます