鍛冶工房スタジオ ツヴァイ >シンプルモダンスタイル

Simple modern style  シンプルモダンスタイル
伝統的に洋風鍛冶屋の造る建築金物は、唐草や動植物などのモティーフを装飾的に用いることが多く、Decorative iron デコラティヴアイアンなどとも呼ばれる
当工房ではシンプルモダンスタイルとして、敢えて
装飾をそぎ落とし、現代的な建築構造物へ取り入れやすいデザインの金物を提案している。 
接合部や細部などの要所に鍛造技法のひと手間を加えることで、通常の鉄工場仕事とは違い「モノ」としての説得力を出し、鉄の質感を引き出すために表面は蜜蝋仕上げを提案している。


K-house
一般住宅 室内二階,三階手摺 / 階段棒手摺 / 表札 / ダイニングテーブル
2016制作


住宅地に建つ三階建て木造狭小住宅。
外側は壁で閉じられ、中庭があるコートハウスタイプの住宅。 中庭面はガラス張りで、2階リヴィングからは水平方向に空間が伸びている。 ガラス面に沿って階段室が配され、1階から3階まで垂直方向に空間が伸びている。実際よりも広く感じることができ、良く練られたプランだと感じた。


手摺は、このプランを活かすため、空間を遮ることのないシンプルなデザインで考えることにした。要所部分に鍛造接合技法などを施し、アイアンデザインと空間を引き締める効果が出たと思う。
リヴィングのダイニングテーブルも制作。
天板はウォールナット材。鍛造制作した脚部はシンプルだが細部は重厚な造りとなっている。 太目の鋼材を使うことでしっかりとした強度を持たせ、長く使い込める家具に仕上げた。





 Short stairway handrail

Short stairway handrail
一般住宅 室内階段手摺
2018制作


中2階に行くための短い階段の手摺。
シンプルなデザインだが、リベットで組み上げることで細部に説得力を出した。
写真:工房内作業。
正確にリベットでカシメ留めながら、組み立てる。 





 Surrounding stair handrail
Surrounding stair handrail
一般住宅 屋外回り階段手摺
2017制作



手摺子の帯鋼材は、コークス炉で熱してハンマーで叩いて面取り。
接合をリベットカシメ留め等を用いたシンプルな回り階段の手摺。





 Stairway handrail
Stairway handrail
一般住宅 室内階段手摺/棒手摺壁三面
2018制作


採光にもなる、明るい階段室
シンプルな横桟階段手摺とし、開放的な空間を演出した。
装飾的にしないことで、木、漆喰、石、鉄の対比によりそれぞれの素材を活かした。
鋼材はコークス炉を通すことで焼き肌仕上げとする。
鍛造成型や接合を入れることで細部を引き締めた。

鍛造成型中

お気軽にお問い合わせください。
E-mail: s.zwei@net1.jway.ne.jp                              →このページのTOPへ

Home へ Profile へMagazine へTopic へLink へEnglish へサイトマップへ
 Copyrights (C) studio ZWEI. All Rights Reserved      このサイトに掲載されているすべてのテキストと画像の無断複製・流用を禁じます