studio ZWEI
Interior/室内施工例
>鍛冶工房 スタジオ ツヴァイ >ギャラリー内 室内施工例
Homeへ工房紹介ページへ過去の随筆集へTopicへメールへリンク集へEnglish Infometion
屋外施工例へ店舗に関係その他の作品へ個展の様子へ活動記録へ

和風・洋風 現代建築、それぞれの施工現場にあわせ、デザイン・製作いたします。
室内階段 手すり 間仕切り 鉄製家具 から取っ手などの小物まで製作できます。

 E-mail: s.zwei@net1.jway.ne.jp 
→ Furniture 特設ページ  家具特集へ 

2.5掛ソファー                                                更新日 20011/6/18
高級レーザー張り座による
2.5人掛けソファー

全体的なイメージは、古典を踏襲しつつ現代的でメカニカルな要素をもたせ、構造的なデザインとした。

お客様のお宅に伺って形状、イメージ、機能、材質などさまざまな点においてカウンセリングし、提案いたしました。


クッション部は革選び、クッション材に始まり、内部構造材に合板は使わず、代わりに樫材、チェリー材とお客様のこだわりを反映いたしました。


フレームは鍛鉄技法を用い製作。
革と鉄の接点部にはウォールナットのパーツを挟みました。

 
背面部もこだわってます。                           後ろ脚の構造 
   

薪ストーブ用防護柵   (薪ストーブ本体は含まず)                             更新日 2007/12/9

鍛鉄製防護柵のみ (薪ストーブ本体は外国製輸入品)
幅:1350mm 奥:1050mm 高さ:700mm
正面を観音扉とする

建築工事 不動産 建築デザイン・設計 建築資材販売 などを業務とする会社の事務所に設置しました。
事務所には多数の来客があり、中にはお子様連れということもあり、安全面から防護柵を、ということでご注文いただきました。

鋳鉄の外国製薪ストーブのもつ重厚感に合わせデザインをしました。
接合部は主に鍛造、リベット等の技法を用いました。
カンヌキは、真鍮とし、全体のアクセントとなったと思います。



扉は真鍮製のカンヌキをはずし開閉できます。


創業当時の紋を正面左に透かし(切り抜き)
反対側(正面右)には、創業年の1957を入れました。





扉細部写真
特徴的な鍛造の意匠を組み込み、デザインのアクセントとした。
 

 O邸 室内鍛鉄手摺
室内鍛鉄手摺 

全体像、室内の感じです
 二重構造、もしくはモナカ構造とも・・
 二重構造(工房前にて)
御施主の希望j条件は、ステンドグラスもしくは、ガラスを使った、装飾的なデザインとする。

室内全体は、木材をふんだんに使った造りでしたので、金属ならではの、繊細で曲線を生かしたデザインを提案いたしました。

写真の白いものは、ステンドグラス用のガラスです。銅鍛造部品に半田付けし、銅パーツと、鍛鉄本体は、ネジ止めしました。

表と裏の二重構造とし、立体的にすることで、繊細ながら、強度とデザインに奥行きを持たせました。

全長:4m
 全体像、白いものはグラスです。

 和風家屋階段手摺 
手摺取り付け部分 年号の2005が刻印されてます 施主様からの御依頼は、シンプルに手摺のみという提案をなされました。
そこで、木、イグサ、紙、などの周りの素材にあわせたアイアン手摺デザインを、提案いたしました。
手摺木部は、木工作家さんが作りました。
面白い効果が得られたと思います。
階段手摺全体  手摺(木部)

 Y邸 室内階段/吹き抜け部手摺
階段下からの見上げ 吹き抜け全体像 企画鋼材の組み合わせで構造を作っていった。
正面に、目隠しのための間仕切り。

塗装は白。
広く明るく、開放的な吹き抜け空間を実現しました。
 室内階段は、下記のデザインと同じ。

ちなみに、鍛造部分なし。
 間仕切り 支柱の足元、床の収まりも。 階段を下から見上げました ワイヤーをはり開放的に

                                          →このページのTOPへ
 studio ZWEI 連絡先
 E-mail: s.zwei@net1.jway.ne.jp

  Home へ  Profile へ Magazine へTopic へLink へEnglish へサイトマップへ
 Copyrights (C) studio ZWEI. All Rights Reserved
 このサイトに掲載されているすべてのテキストと画像の無断複製・流用を禁じます